Soundfortのいい音紀行♪

日本人のクラフトマンシップが息づくPCオーディオブランド「Soundfort」の公式ブログ

Apple Music ロスレス&ハイレゾ配信開始! 音楽ストリーミングを高音質で聴くために必要不可欠なものとは?

f:id:Soundfort:20210716214455j:plain

今や音楽を聴く手段として一般化した「音楽ストリーミングサービス(音楽サブスク)」。 中でも、

辺りが有名で、この記事を読まれる方の中には有料サブスクリプションでの利用者も多いのではないでしょうか。

また、2020年以降はコロナ禍もあってか、日本国内でも音楽ストリーミングの需要や今後利用したいというニーズが増えていることが、先日公開された「博報堂生活定点2020」にも表れており、世界的にはすでに音楽産業の収益の大半が音楽ストリーミングになっているほどです。

生活定点1992-2020|博報堂生活総研
図1:「音楽配信サービスを利用している」:35.8%
図2:「音楽配信サービスを利用したい」:55.9%


f:id:Soundfort:20210716152934p:plain:w580
f:id:Soundfort:20210716153011p:plain:w580

Apple Music の空間オーディオ&ロスレスハイレゾ配信の衝撃

これまで、音楽ストリーミングサービスで「ロスレス」や「ハイレゾ」での配信は、海外では「TIDAL HiFi」や「qobuz」などが広く普及していましたが、日本国内では 2017年12月に「DEEZER HiFi」が、2019年9月に「Amazon Music HD」がようやく対応したばかりといった状況で、当初月額1,980円程度で提供されていました。

f:id:Soundfort:20210716214120p:plain:w520

しかし今年の6月、「Apple Music」が既存のプラン (月額980円) のまま「追加料金なしでロスレスハイレゾロスレス配信および空間オーディオに対応」し、現時点では対応端末が Apple 製端末に限られるものの、日本のスマートフォンの約6〜7割のシェアを占める iPhone などでロスレス音楽ストリーミングを気軽に聴けるようになりました。

これを受けて、ライバルとなる Amazon が従来追加料金が必要だった「Amazon Music HD」を、Amazon Music Premium の「月額980円のまま追加料金なし」で利用可能とし、WindowsAndroid 端末ユーザーも恩恵が受けられるようになった他、以前からロスレス配信が噂されている Spotify Hi-Fi もこれに追従するのでは?という憶測(期待)も流れています。

f:id:Soundfort:20210716214338p:plain:w350

従来はダウンロード購入がメインだったハイレゾ音源が、音楽ストリーミングによって事前に大容量のデータ保存用ストレージを用意することなく、誰でも気軽に聴けるようになったことは、ロスレスハイレゾの敷居が下がったという点で、日本でも新しい音楽ライフスタイルの時代へ大きな転換点になるのかもしれません。

ロスレス(Lossless)でもロッシー(Lossy)でも、あるとなしでは大きく変わるもの「USB DAC

続きを読む

「真空管アンプ」と「真空管ハイブリッドアンプ」の違い

f:id:Soundfort:20190531025346j:plain

真空管」を使ったオーディオアンプやヘッドフォンアンプは、その独特の心地よいサウンドから根強い人気がありますが、「真空管アンプ」と一口に言っても、実は大きく2種類あることをご存知でしょうか?

具体的には次の2種類になります。

  1. 昔から変わらぬ、全ての増幅回路に真空管を使った純粋な「真空管アンプ
  2. 前段に真空管、出力段にトランジスタパワーアンプICなどを組み合わせ、主な増幅を半導体素子で担う真空管ハイブリッドアンプ」

これをおおまかな図で表すと次のようになります。

f:id:Soundfort:20190531023509p:plain

また、それぞれの特徴を比較してみると、おおむね次のようなメリット・デメリットがあります。

真空管アンプ 真空管ハイブリッドアンプ
音の真空管らしさ
真空管の数 主に4本以上 主に2〜1本
消費電力 非常に大きい 小さい
発熱 高温(やけどします) 低温(あたたかい程度)
発光 真空管自体の光です 真空管の下からLEDで光らせるものがほとんどです
出力 低い 高い
大きさ・重さ 大きく重い
(特に出力トランスが巨大)
小さく軽くできる
価格 比較的高価 比較的安価

純粋な「真空管アンプトランジスタ登場以前からの真空管アンプと変わらず、実に「真空管らしい音」がします。
が、上の表のように消費電力と発熱量が半端なく大きいため、現在ではオーディオファンの中でも特に往年のアナログサウンドへの志向の強い方々やアンプを自作される方々などを中心に、一定の人気を保っています。

一方真空管ハイブリッドアンプ」は、真空管を部分的に使うため、消費電力や発熱が大幅に低く小型で高出力なアンプを作ることができ、かつ「真空管テイスト」の音を安価に気軽に楽しめることから、近年人気の高まっている方式です。
ヘッドフォンアンプでは、バッテリーで駆動するポータブル機も多く販売されており、小型の真空管アンプは大抵は「真空管ハイブリッドアンプ」と思ってよいでしょう。

弊社の人気機種「Q9」および「QS-9」シリーズ(大変残念ながら現在製造終了してしまいましたが…)も、この「真空管ハイブリッドアンプ」です。

f:id:Soundfort:20190531024239j:plain:w480

www.soundfort.jp

今回は、真空管アンプの種類についてご紹介しましたが、真空管の最大の魅力でもある、真空管アンプ真空管ハイブリッドアンプは「なぜあの心地よい音が出せるのか?」については、またの機会に触れたいと思います。

12月6日は「音の日」♪ 「日本プロ音楽録音賞」にも注目!

f:id:Soundfort:20181206021608j:plain

エジソンが世界で初めて蓄音機で録音・再生に成功した日

12月6日は、1877年12月6日に発明王トーマス・エジソンが世界で初めて蓄音機(Phonograph)による「録音・再生」に成功したことにちなんで、「音の日」として日本オーディオ協会により制定されています。

それ以前は、音楽は生で演奏、歌唱されるものか、オルゴールや手回しオルガンのような機械的な「演奏機」しかなく、声を含めて「音を記録・再生する」ということ自体がありませんでした。
それゆえ、蓄音機の登場は音楽の歴史の中でも画期的な出来事であると同時に、「オーディオ」の始まりとも言えます。

f:id:Soundfort:20181206022637j:plain:w360
エジソンと2台目の蓄音機(1878年4月)

音の日にちなんだイベント「日本プロ音楽録音賞」に注目!

日本オーディオ協会のホームページにリンクやバナーがありますが、毎年12月6日には音の日にちなんだ各種イベントが開催されます。

www.jas-audio.or.jp

その中でも、オーディオファンにとって関心が高いものの一つが、一般社団法人日本音楽スタジオ協会が発表する「日本プロ音楽録音賞」です。

www.japrs.or.jp

音楽制作スタジオのプロの視点で、録音技術を駆使したこだわりの応募作品の中から部門別に最優秀録音賞の曲が選ばれ、その年の日本で最も優れた録音・音質の曲が決まります。

近年では、受賞曲はほぼハイレゾ音源ダウンロード販売サイトで販売されているので、その選りすぐられた曲のハイレゾ音源をダウンロード購入し、ご自宅やお手元のオーディオシステムで聴いてみるのも、オーディオシステムのベンチマークとしても面白いでしょう。

受賞作品アーティストの音源は、概ね過去の作品も全般に音質がよいことが多く、そこからまた新たな音楽との出会いが始まるかもしれません♪

f:id:Soundfort:20181206032147j:plain
Soundfort の小型 USB DAC とデジタルアンプでハイレゾの高音質を手軽に

Soundfort のデスクトップ・オーディオ機器は、幅10cmにも満たない超小型ながら、フルサイズの据置機にも引けを取らない高音質。特に、日本人のクラフトマンシップにより試聴を繰り返しながら回路や部品の構成や回路パターンを設計・チューニングした「音楽表現力」が自慢です。

現在、USB DAC の他、セット販売でのキャンペーン特価も実施している他、試聴機の貸出も行っておりますので、ぜひお気軽にお試しください。

ハイパフォーマンス・ハイレゾ USB DAC「DS-200」の紹介

キャンペーン特価

試聴機の貸出申し込みはこちら

心地よい音を楽しむために。音を心地よく楽しむために。PCオーディオブランド「Soundfort(サウンドフォート