Soundfortのいい音紀行♪

聞き流す音から、聞き惚れる音楽へ。 PCオーディオブランド「Soundfort」の公式ブログ

早わかり「PCM」と「DSD」の違い

以前「DSD」にまつわる用語について解説しましたが、今回は、そもそも「DSD」とは何か?どんなデータなのか?をざっくり簡単に紹介したいと思います。

参考:以前の記事

soundfort.hatenablog.com soundfort.hatenablog.com

デジタル音楽の基本となる「PCM」

音楽をデジタルで表す方法として、現在最も普及しているのは「PCM(Pulse Code Modulation:パルス符号化変調)」という方式です。 CD(コンパクト・ディスク)から、MP3やAACなどの圧縮音声、さらにストリーミングサービス、地デジ放送の音声も基本はPCM方式に則っています。

「PCM」では、音声を時間軸と出力レベルに格子を当てはめるイメージで、音の波に格子を当てはめ一番近い格子の目を数値として記録していきます。この時、時間を分割する細かさを「Hz」、出力レベルを分割する細かさを「bit」で表し、CD品質の音声では「44.1kHz/16bit」、すなわち1秒を44,100に分割し、出力レベルを65,536段階(16bit=2の16乗)に分割しています。

ちなみに、この分割する細かさをさらに高めたのが「ハイレゾ」と呼ばれ、より元の音の波を忠実にきめ細かく表現でき、一段とリアリティの高い音を記録・再生することが出来ます。

全く発想の異なる「DSD

では、DSDではどのように音声をデジタル化しているのでしょうか?

DSD(Direct Stream Digital)」データは基本的に1bit(0と1のみ)で音声を表現し記録しています。ここでは難しい話は抜きにしてざっくりと解説すると、DSDでは1秒間をPCMよりも遥かに細い時間(64倍以上)に分割し、「0」と「1」のビットを「平均的に」元の音の波の形になるように並べ、ビットの「密度」で音を表現します。この方式は、「PCM」に対して、「PDM(Pulse Density Modulation:パルス密度変調)」とも呼ばれます。

簡単に表すと、次の図のようになります。

f:id:Soundfort:20170606151040p:plain

なんとなく雰囲気は感じていただけたでしょうか?

DSDの図に「SACD品質」と書いてあるのは、DSD64(DSD 2.8MHz)がもともと「Super Audio CD(SACD)」の記録方式として採用されていたためで、DSDの代表選手として挙げています。

尚、DSD64、DSD128、DSD 2.8MHz、DSD 5.6MHz などの違いについては、過去の記事を参照頂ければ幸いです。

soundfort.hatenablog.com

「PCM」と「DSD」どちらが「よい」のか?

「PCM」と「DSD」を比較して、どちらが優れているか?は一概には言うことは出来ません。というのも、音質だけでなく、利用や加工などデータの取り扱いを含めるとどちらも一長一短があるためです。こちらについては、また別の機会に紹介したいと思います。

DSD対応の弊社 USB DAC

www.soundfort.jp

www.soundfort.jp

広告を非表示にする

Nutube ヘッドフォンアンプ、只今開発中!

今回は、Nutube ヘッドフォンアンプの開発、その後の様子を現場からお届けします。

一筋縄ではいかないNutube

Nutubeを使った他社様やアマチュアの方の情報に焦りながら、Nutube 6P1を使ったヘッドフォンアンプの開発を進めています。

このNutubeは低い電圧で動作するのでトランジスタなどとの組み合わせも楽かなと思ってデータシートを見ると、グリッドに既定の電流を流さなければならず、そうなると相対的に入力インピーダンスが高く取れないし、ゲインもそれほど期待できない感じ

それでは前段にゲインを少し持たせた増幅回路をと考え、差動増幅回路を持ってくることに。出力はと見ると、これもインピーダンスが高い、、、、、、面倒な6P1君である。
何らかのバッファを入れないと電力増幅回路をドライブできないし、なんて考えながら回路設計を進める。

一応、データシートには特性のグラフも掲載されているので、評価ボードで特性を確認する。測定環境が違うのか、差異がかなりある、、、、、取りあえず回路設計に必要なデータを再測定する。そのデータを元に回路の構成と定数を計算し決めていく、、、、、、、もちろんオールディスクリートで構成!!

何日かして一応基本回路が出来上がった。言葉で書くと簡単に進めているようですが、そうじゃないですよ〜!!
部品表を作成し基板のパターン設計に入る。

何日かして、ガーバーデータなどを基板メーカーに送り試作基板の生産を依頼する、ここで一週間ほど設計の空きができるので試作用部材の手配をして、DS-200などの出荷検査をしておくことに。(微生物企業は大変です。)

Nutubeヘッドフォンアンプ試作機1号やいかに?

さてさて、基板が届きました。

f:id:Soundfort:20170302131209j:plain:w300

入荷した基板と部品を確認し、メールも少ない土日で部品実装作業を行う。

年取ると小さな部品が見えず拡大境のお世話になりながら、猛スピードで実装をこなしてゆく(嘘です、飲み物飲んだり、タバコ吸ったりで、なかなか進まない)
朝から始めて日が落ちた頃に実装完了!!
お疲れ様でした~!!

f:id:Soundfort:20170302131555j:plain:w300

週明けに実装した部品の確認をして電源を接続、そして電源ON!!!!!!! ?????
電源フィルターから火花が見えたような、、、、、回路は動作していないし電源も供給されて無い????
あれ?出力トランジスタの実装がNPNとPNPが逆になっている、、、、、、、やっちまった~!!

これに挫けず、フィルターとトランジスタを交換し、気を取り直して再度電源投入!!LED点灯、電流値も正常、良かった~!
各部の電圧、電流値が設計値通りになっているか確認!!
問題無いようなのでDS-200のLINE OUTから試作基板の入力にケーブルを接続して単一トーンを流しオシロで波形の確認する。 特に問題は見られないので、ヘッドフォンを接続し聞いてみることに!!

おおお~、、、、なかなかいい音ではないかHS-100ディスクリートヘッドフォンアンプの音にすこし艶を加えたような滑らかさ、、、それでいて音に厚みがある、、、、、
感想はこのくらいにして、取りあえず動作したようなのでデータ測定へ

ということで今回のブログはこのあたりで、次回もご期待ください。(担当K)

広告を非表示にする

DSDハイレゾ音源再生時の「DSDネイティブ」「DoP」とは?

ハイレゾUSB DACハイレゾDAPのスペックなどに「DSDネイティブ対応」「DSDはDoP方式に対応」といった用語が載っていることがありますが、これはどういうことを指しているのでしょうか?

弊社のUSB DAC「DS-200」、「DS-100+」はともにDSDネイティブ再生に対応していますが、実はこの2機種、それぞれ異なった方式で「DSDネイティブ」に対応しています。

少しややこしい「DSDネイティブ」を簡単に整理すると次のようになります。

2種類の「DSDネイティブ」

続きを読む
広告を非表示にする

心地よい音を楽しむために。音を心地よく楽しむために。PCオーディオブランド「Soundfort(サウンドフォート