Soundfortのいい音紀行♪

聞き流す音から、聞き惚れる音楽へ。 PCオーディオブランド「Soundfort」の公式ブログ

定額制音楽配信サービスの比較2014

海外で先行し広がっている定額音楽配信サービス。

海外ではSpotify、Pandra、Grooveshark、また最近アップルによる買収で話題になったBeats Electronics社の音楽配信サービス、Beats Music等が有名ですが、日本でサービスインしている大手と言えば、

の3社でしょうか。

現在のところ、3社とも料金は1000円程度。
ではどこで選ぶか?それぞれの特徴を順に見て行きましょう。

SONY Music Unlimited

f:id:Soundfort:20140824150211p:plain

最大の特徴は1,500万曲以上という収録楽曲の多さ。洋楽曲のラインナップがスゴいです。

対応機器は、iOS端末、Android端末、PC、PlayStation 3PlayStation Vita、TV、ブルーレイディスクプレーヤー等のソニー製AV機器など。

少し面倒なのは、SEN (Sony Entertainment Network) への加入が必要で、クレジットカードの登録が必要なこと。更に支払いはSENの「ウォレット」から行ない、「ウォレット」に必要な金額がチャージされていない場合はクレジットカードから自動チャージされる、という点。

Amazonや、GoogleApple Store、ANAJR東日本、その他いろいろなところで会員になりクレジットカード登録している私からすると、ここでもか!という気分で正直萎えました。普通にクレジットカード払いなら良いんですが、SENに入って、そこからまたクレジットカード登録する、という手順に少々嫌気がさす感じです。

追記:

「Music Unlimited」は、2015年3月30日にサービスを終了したとのこと。

レコチョクBest

f:id:Soundfort:20140824151540p:plain

収録数は100万曲以上。特に邦楽はラインナップが多い感じ。

デメリットとしては、対応機器・プラットフォームはAndroid端末とiOS端末のみで、スマートフォンタブレット専用のサービスとなっていること。外ではiPhoneで、自宅ではPCで、という使い方をする方には向かないサービスです。

recochoku.jp

KKBOX

f:id:Soundfort:20140824152150p:plain

元々はAU KDDIが「LISMO unlimited powered by レコチョク」という名称で日本でサービスインした音楽配信。2013年6月1日に「KKBOX」へと名前を変更したが、音源はレコチョクからの提供を継続しており、収録楽曲数は100万曲以上で「レコチョク Best」とほぼ同等。

勿論、auスマホ以外にも対応しており、Android/iOSアプリとWindows/Macの専用アプリケーションで利用可能です。

メリットという程でもないですが、C−POP(China POP)が多く収録されているのは好きな人には良いかも。これといってデメリットもなく、PCで使えるし、ドコモの料金と一緒に支払い可能、オンライン・オフラインでも320kbpsの高音質を楽しめて、歌詞表示も可能(一部のみ)。

ということで、私は個人的にKKBOXを使っていますが、知らない曲に出会い、懐かしい曲を探すのにピッタリです。

www.kkbox.com

 

さらに詳しい比較は、ちょっと古い記事ですがこちらのAV Watch レビューを参照下さい。

av.watch.impress.co.jp

 

広告を非表示にする

心地よい音を楽しむために。音を心地よく楽しむために。PCオーディオブランド「Soundfort(サウンドフォート